面倒な車庫証明の書き方

車庫証明といいますと、名義変更を行う際に一番面倒な書類です。
何が面倒かというと、ただ名前・住所等を書くだけでなく車を駐車する地図を細かく書かなくてはいけないのです。

 

地図を書くという作業は一般的にみて、不慣れな方が多かと思います。
この作業を行政書士に委任し、代行してくれるサービスもありますが、一般的にみて相場が10000円〜15000円と中々値が張ります。

 

この作業を自分でやると、県によって差がありますが、2400円〜3000円です。
それでもだいぶ安く済みますので、自分で車庫証明を取得してみましょう!

 

まずは、車庫証明を取得する際に必要な書類を用意しましょう。
書類は警察署や、乗り換え時の販売店で入手可能です。

 

 

1つ目に必要な書類が、「申請書」です。
申請書とは警察署長に、あなたの車庫を承認してもらう書類です。

 

申請書

 

 

 

記入方法は、警察署に記入例がありますので、それを見ながら記入しましょう。
その際に、車検証の情報が必要になりますので車検証も用意します。
四枚綴りになっていますので、強めに記入します。
ここでよく忘れがちなのは、必ず4枚とも印鑑を押しましょう!

 

印鑑は認印で構いません。

 

2つ目に必要なのが、「自認証・使用承諾書」です。
こちらの2枚は、車庫の土地の所有者によってどちらか一方を提出します。

 

自認証

 

 

 

使用承諾書

 

 

 

・車庫がある土地の所有者が申請者だった場合は、自認証

 

・車庫のある土地の所有者が申請者以外の人の場合は、土地の所有者に使用承諾書を記入もらい印鑑を押してもらう

 

ここで注意点ですが、使用承諾書の場合に土地の所有者が家族や同一の苗字の場合、必ず申請書に使用した印鑑と違うものを使用してください。
同一のものですと、申請が受理されず二度手間になってしましいます。

 

3つ目に必要なのが、「保管場所の所在地・配置図」になります。
この書類が最も作成するのが面倒な書類です。

 

保管場所の所在地・配置図

 

 

 

まず、画面左方向の所在図記載欄には、最寄りの公共施設等や国道からの車庫への地図を書きます。

 

画面右手方向の配置図記載欄には、車庫の等倍図を書き車庫を真上から見た地図を書きます。

 

実際に真上から見て、どこに駐車するかも必ず書きましょう。
そして車庫入口や隣接している道路の寸法も記入します。

 

※寸法に関しては正確なものでなく、大体の寸法で大丈夫です。

 

以上の3点を記入し、警察署へと提出をします。
そうしますと、後日に警察官が申請された車庫の位置を確認をしに来ますので、その際は車庫に車を停めず開けておきましょう。

 

各市町村別にもよりますが、3日〜7日で発行されますので出来上がった車庫証明を警察署に受け取りに行き申請終了となります。

 

 

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

 

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!