長く乗り続けると損?!

車は機械なので長く乗れば故障もします。平均で車の各部品の耐久性能が落ちるのが新車販売から10年または10万キロと言われています。

 

例えば10年保有しててけど、まだ距離が少ない場合でも部品の劣化は進んでいますので一度整備工場に出し点検してもらいましょう。

 

そういったことから、長くの乗れば乗るだけ車の維持費が掛かります。
また、新車販売から13年経ってしまいますと自動車税が通常より10%割増になってしまうことはご存知ですか?

 

排ガス規制によるもので、同じ排気量の車でも多く納めるのってなんか損ですよね。

 

といったように、長く乗り続けることは非常にコストが掛かります。
人より多く税を納めてまで乗り続けるメリットは無いです。

 

人それぞれ事情があるかとは思いますが、その差額分や維持費を考えると乗り換えたほうが負担が明らかに少ないのです。

 

また、なぜ13年落ちの車の税金が高いかと言いますと、上記にも記載しましたが現在の排ガスの基準値の範囲に排ガスが収まっていないためです。

 

しっかりと基準値の中に収まっていないと、有害物質により人体に影響が出たり地球温暖化の進行を早めたりと、良いことがありません。
今の時代、エコという言葉はどこでも聞くと思いますが、正にその逆を進んでいます。

 

ということもあり、国としても税金を上げて乗り換えを促進しているのです。
しかし、中には本当に愛着があり思い出が詰まってるから手放せない!といった方もいると思います。

 

ですので、無理に乗り換えを促進することはできませんが、未来の地球のために少しでも考えて頂けると幸いですね。

 

 

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

 

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!