一般的に新車を購入した人が、乗り換えをするまでの期間はおよそ何年なのでしょうか?
気になるところですね。

 

2012年の調査結果によると、平均で約8年となっています。
あくまで新車購入の方が対象なので、正確なデータとは言えませんが乗り換えの時期を決める大事なデータです。

 

 

しかし正直なところ8年は長すぎです。
8年も経ってしまうと相場がかなり落ちてしまうので、せっかく乗り換えをしようとしても充分な金額がつかないです。

 

ましてや距離も相当増えてしまうので期待できません。

 

車の価値が大幅に落ち始めるのは約6年と言われています。
乗り換えの年数は最高でも6年、ベストは5年ですね。

 

年数が短ければ短いほど高く売れますが、せっかく乗り換えた車をすぐ手放すのはつまらないものです。

 

ですので、今の車を充分楽しんで、更に価値があるうちに乗り換えを行なう限界の年数が6年なのです。

 

この仕組を知っている人は、予め5年サイクルで車の乗り換えを決めているので、お得に乗り換えをしています。

 

今後車の乗り換えをする場合は、自分で決めたサイクルで乗り換えを行うようにしましょう。

 

そうすることにより、負担する金額も減り費用を安く済ませることができて、とってもお得です!

 

 

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

 

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!